観光スポット鑑賞
  • 鏡面観粧

    鏡面観粧の標高は4030m。ここは当時木雅姫がおしゃれに装う場所であり、当時は鏡がまだ無かった頃で、木雅姫は身じまいをしてから、湖面を眺めて自分の身だしなみを見た所、この湖は

  • 「群峰為屏」

    群峰為屏の標高は4360m。木雅国が成立の当時、木雅地方で盛大な設立記念式典が行われた。

  • テント城

    テント城 標高4050m。テント城は、チベット遊牧民族の住居の形式であり、チベット遊牧民族の文化を研究する活化石でもある。

  • 雪域牧場

    雪域牧場 は標高4010mに位置している。

  • 燃梯寺

    燃梯寺は標高4120mに位置している。燃梯寺は木雅地で最も有名なチベット仏教のお寺である。1364年に建てられ、今から600年あまりの歴史を有する。

  • 花海桟道

    花海桟道は、標高3900mに位置する。

  • 「俄米曲河展望台」

    俄米曲河は、標高4160mに位置する。

  • 玛尼堆

    チベット語では「朵帮」、積み上げた石の意味である。「朵帮」は二種類のタイプがあり、「阻穢禳災朵帮」と「鎭邪朵帮」である。

  • ヒマラヤマーモット

    ヒマラヤマーモット:学名:Marmota himalayana、チベット語ではチワーと呼び、マーモット、チベット雪猪とも呼ぶ。

木について

「木雅聖地」は世界に誇るラブソングの町、康定、康定折り山西側の「木雅辛康」は、甘孜州の第1基の民俗の風情と自然の風景を組み合わせた観光地も、全国初の体現で「チベット族木雅文化」をテーマにした特定のテ-マの観光区。観光地区の敷地面積は、196平方キロを所有し、雪山、草原、海、川、湖や木雅チベット族の民俗文化など数多くの観光の景観、核心区の範囲の面積...

もっと
CopyRight © 2017 muyajingqu All Rights Reserved. Design by:至上互动