観光スポット鑑賞
  • 鏡面観粧

    鏡面観粧の標高は4030m。ここは当時木雅姫がおしゃれに装う場所であり、当時は鏡がまだ無かった頃で、木雅姫は身じまいをしてから、湖面を眺めて自分の身だしなみを見た所、この湖は

  • 「群峰為屏」

    群峰為屏の標高は4360m。木雅国が成立の当時、木雅地方で盛大な設立記念式典が行われた。

  • テント城

    テント城 標高4050m。テント城は、チベット遊牧民族の住居の形式であり、チベット遊牧民族の文化を研究する活化石でもある。

  • 雪域牧場

    雪域牧場 は標高4010mに位置している。


 
「木雅聖地」は、世界で知られている恋歌シティの康定折多山西の「木雅聖地」に位置し甘孜州で初の民俗自然風景を一体化した観光風景区であり全国初のチベット族木雅文化体験観光区である。風景区は敷地面積196平方キロで、雪山、草原、花海、川、湖と木雅チベット族民俗文化など多くの観光景観を備えている。中心区の面積が約100平方キロで、南北長さ約31キロ、東西長さ約4.5キロである。風景区の海抜が3600~4400メートルである。
 木雅聖地風景区は、康定折多山西側の「木雅辛康」に位置し、民俗風情と自然風景を一体化した、チベット族木雅文化をテーマとする観光地である。雪山、草原、花海、川、湖と木雅チベット族民俗文化など多くの観光景観を備えている。合計5つの主な観光スポットがある。「花海尋踪」は木雅プリンセスが一番好きだった場所であり、風景区全体に花が最も早くて茂る咲く所である。「梵音送福」は、木雅地区の有名なチベット仏教のお寺である。「天界牧歌」は、木雅国の伝統的な冬季放牧場所であり、そこの牧草が最も豊富である。「仏佑木雅」は全国唯一の経幡製の釈迦牟尼仏像である。「群峰囲屏」は、木雅国を守る天然障壁である。
「木雅」は昔に「弥薬」で、中国西部の古羌だった。この古羌は曾て北上し、有名な西夏を成立した。それ以降、南へ移転し、大渡河の西で「西呉国」(即ち、伝説の「木雅国」)を成立した。康定特に折多山西、木雅人な居住であり、中国「木雅」文化が最も完全に保存された地域である
この土地では、古くて輝かしい木雅文化が形成しただけでなく、チベット王の松賛干布の4番目の王妃——木雅プリンセス「嘉姆尊」の故郷である。明、清時代以来、康区の有名な四大土司の一人だった「明正土司」は、「西呉国」国王の後裔である。チベットで知られた木雅前後五学者は、この土地の高僧大徳である
ここは不思議な土地、著名人ゆかりの場所である。ここでは、数多くの物語がある。ここでは、伝奇が多い。ここのが素きれいで文化独特山紫水明である。ここでは、遠古文明の跡を見つけるだけでなく、俗世間から抜き出す自然生態を体験できる。
康定の観光地建設を速め、甘孜州州委、州府の「国家全域観光示範区を確立し、世界ベスト観光目的地を構築する」発展戦略に応え、甘孜文化の観光特色を表し、全面的に康定市観光資源を最適化・統合し、全面的に観光産業の貧困扶助政策を実施し、観光業を康定市と甘孜州の戦略支柱産業にするために、重点的に企業誘致し、風景区開発を康定県木雅澤朵観光投資開発有限責任公司に委託した。
 風景区は生態、文化、経済に位置付けた。生態は、山地観光、日光観光、心浄化観光を主とする。文化は、康定市木雅文化研究探索を主とする。経済は、溝谷風景区総合経済共同体発展に基づく。 風景区は、力を入れて、自然の観光、民族文化の観光、屋外運動の観光、生態グリーンの観光を発展する
 
 
CopyRight © 2017 muyajingqu All Rights Reserved. Design by:至上互动